ホーム医師・スタッフ > 医師紹介

院長から、みなさまへ

院長 園田 桃代
院長 園田 桃代

こんにちは。『園田桃代ARTクリニック』院長の園田です。
当クリニックが2010年9月にオープンして以降、多くの赤ちゃんを望まれる方々にお会いし、多くの喜びの声をいただいております。たくさんの方の笑顔を見ることができ、私自身も幸せと勇気をもらえる、この仕事に誇りを感じながら、頼もしいスタッフとともに日々邁進しております。

赤ちゃんに会えるまでの道程は、さまざま。ご夫婦に最適な治療を見極めます

現在、なかなか赤ちゃんに恵まれない夫婦は6組に1組ともいわれています。
それでは、赤ちゃんができないのには何か理由があるのでしょうか?
不妊症にはいろいろな原因が考えられ、まずはその原因を調べていくことが不妊治療の第一歩といえます。原因もさまざまであれば、治療もさまざまです。タイミング療法で良い結果が得られる方や、体外受精、顕微授精が必要な方など、それぞれに適した治療があります。そのために、まずは的確に検査、診断を行い、最適な治療を選択する必要があります。赤ちゃんに出会えるまでの道程は、ご夫婦によりさまざまなのです。
身体の状況、心の状況、ご夫婦の治療に対する思いなど、個々の状態を見極め、個々に合わせた治療を進めていくこと、これが私たちの考える不妊治療の基本です。

心も身体も健康な妊婦として送り出すことこそが、不妊治療医の使命

また、妊娠中、出産、出産後、女性は心身ともに大きな変化を経験します。赤ちゃんを迎えようとしている、すべての方には、その変化に対応するために、強く、たくましく、しなやかな女性であってほしいと考えます。そのためには、妊娠前からの身体の状態評価はとても重要なことです。例えば、気付かないけれども甲状腺疾患を抱えていたり、血圧が高かったりなど、何らかの内科疾患をお持ちの方がいらっしゃいます。このような場合は、妊娠前にしっかりとコントロールしておくことが、安全な妊娠経過、出産を迎えるためにとても大事なことなのです。
さらに、妊娠中、育児中は、精神的にもストレスがかかる場面もたくさん出てきます。そういう状況に負けないよう、妊娠前からの心の安定は重要になってきます。不妊治療中のつらく悲しい気持ちの一部を私たちに預けてください。

心も身体も健康な妊婦、そして、健康なお母さんになっていただくこと、家族の一員となる元気な赤ちゃんを育て上げられる家庭を作ること、それが私の不妊専門医としての使命であり、私たちスタッフが理想とする不妊治療だと考えます。

笑顔で卒業されるその日まで、すべてのスタッフとともに全力でサポートします

不妊治療の第一歩から、笑顔で当クリニックを卒業されるその日まで、検査、診察、治療方針の決定、治療のひとつひとつまで、すべてにおいて院長の私の責任のもと、医師、看護師、培養士、受付、すべてのスタッフとともにご夫婦を全力でサポートしてまいります。

笑顔に近づけるよう、私たちと一緒に第一歩を踏み出しませんか。

プロフィール

<資格>

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本生殖医学会認定生殖医療指導医

<略歴>

1995年 佐賀大学医学部卒業
福岡大学医学部産婦人科学教室入局
1998年 福岡大学医学部大学院
2002年 福岡大学医学部付属病院 不妊内分泌グループ
2005年 IVFなんば・大阪クリニック勤務
2010年 園田桃代ARTクリニック開設

<所属学会>

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本卵子学会

<論文・著書>

  • 経膣的腹腔鏡によるART適応症例の選択
    園田桃代、杉下陽堂、杉原研吾、井田守、中岡義晴、福田愛作、澤辺麻衣子、濱田亜紀、神原好美、福田晴美、富谷友枝、森本義晴
    日本受精着床学会雑誌 2009,26(1),289-293

  • Transvaginal Hydro Laparoscopy(THL)を用いたPremature ovarian failure(POF)の評価
    杉下陽堂、園田桃代、濱田亜紀、澤辺麻衣子、杉原研吾、井田守、中岡義晴、福田愛作、森本義晴、石塚文平
    日本受精着床学会雑誌 2009,26(1),255-258

  • Premature ovarian failure患者の不妊治療看護の現状と今後の課題について
    濱田亜紀、澤辺麻衣子、森分純子、下西祥子、金田真紀、小松原千暁、五寶秀美、荻野友貴子、園田桃代、杉下陽堂、杉原研吾、井田守、中岡義晴、福田愛作、森本義晴
    日本受精着床学会雑誌 2009,26(1),305-310

  • Amino Acid-Permeable Anion Channels in Early Mouse Embryos and Their Possible Effects on Cleavage
    Momoyo Sonoda, Fujio Okamoto, Hiroshi Kajiya, Yoshihito Inoue,
    Ko Honjo, Yoshinari Sumii, Tatsuhiko Kawarabayashi, and Koji Okabe
    Biology of Reproduction 2003, 68, 947-953

  • 偽閉経療法中に発症した一過性甲状腺機能亢進症例の検討
    園田桃代、詠田由美、井上善仁、澄井敬成、本庄考、有働俊啓、瓦林達比古
    日本産科婦人科学会雑誌 1999, 51(10), 857-860

  • Pharmacokinetics of exogenous gonadotropin and ovarian response in in vitro fertilization
    Yumi Nagata, Kou Honjou, Momoyo Sonoda, Yoshinari Sumii, Yoshihito Inoue and  Tatsuhiko Kawarabayashi
    Fertility and Sterility 1999,72(2),235-239

  • IVF-ETにおけるピルビン酸除去 Modified Human Tubal Fluid Mediumの有用性の検討
    井上善仁、詠田由美、沖俊江、本庄考、澄井敬成、園田桃代、瓦林達比古
    日本受精着床学会雑誌 1999,16(1),225-228

  • 卵巣癒着を有する子宮内膜症例に対する腹腔鏡下癒着剥離術の有用性
    澄井敬成、詠田由美、本庄考、園田桃代、井上善仁、蜂須賀徹、瓦林達比古
    日本産科婦人科学会雑誌 1999, 51(5), 280-286

  • 卵巣癒着を有する子宮内膜症と卵巣機能について
    本庄考、詠田由美、園田桃代、城田京子、澄井敬成、井上善仁、瓦林達比古
    産婦人科の実際 1999,48(13),1991-1996

  • 子宮内膜症とART  卵管因子を有する子宮内膜症のIVF-ET治療成績
    詠田由美、本庄考、澄井敬成、園田桃代、小濱大嗣、井上善仁、瓦林達比古
    エンドメトリオーシス研究会誌 1998,19,68-73

  • Peri-ovarian adhesions interfere with the diffusion of gonadotrophin into the follicular fluid
    Yumi Nagata, Kou Honjou, Momoyo Sonoda, Ikuko Makino, Riko Tamura and Tatsuhiko Kawarabayashi
    Human Reproduction 1998,13(8),2072-2076

  • ラボワークの実際 培養液の調整法
    詠田由美、園田桃代、沖俊江、瓦林達比古
    ARTスタッフマニュアル 体外受精から顕微授精まで 1998年5月1日発行

  • 不妊症患者における腹腔鏡直視下手術の検討
    園田桃代、詠田由美、本庄考、新堂昌文、窪田真知、瓦林達比古
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 1997,13(1),161-163

  • 画像診断が有用であった不妊主訴の膣横隔膜症の一例
    園田桃代、詠田由美、本庄考、窪田真知、田村理子、瓦林達比古
    日本産科婦人科学会雑誌 1997, 49(11), 1007-1010

  • 排卵誘発法における多排卵の防止 経膣超音波卵胞発育モニタリングによる多胎妊娠発生防止策の検討
    詠田由美、本庄考、園田桃代、鋤本祥子、新堂昌文、瓦林達比古
    日本産科婦人科学会九州連合地方部会雑誌 1997,159-162

MORE ▼

<学会報告>

  • ホルモン補充周期凍結融解胚移植におけるエストラジオール外用ゲル剤の有用性の検討 ~問題点を改善した結果~
    日本受精着床学会 2017.7

  • ホルモン補充周期凍結融解胚移植におけるエストラジオール外用ゲル剤の有用性の検討
    日本受精着床学会 2016.9

  • 採卵後に遅発性の骨盤内感染をおこした2例 ~子宮内膜症症例と卵管留水症症例~
    日本生殖医学会 2014.12

  • 第二子不妊における患者背景と治療経過についての検討
    日本生殖医学会 2013.11

  • 経膣的腹腔鏡(THL)によるART適応症例の選択
    日本受精着床学会 2008.8

  • 経膣的腹腔鏡(THL)後の待機妊娠群と非妊娠群における比較検討
    日本生殖医学会 2007.10

  • Diagnostic usefulness of transvaginal hydrolaparoscopy in infertile woman
    Annual Congress of International Society for Gynecologic Endoscopy 2007.3

  • 不妊クリニックにおける経膣的腹腔鏡(THL)の有用性
    日本生殖医学会 2006.11

  • 重症子宮内膜症不妊症例における腹腔鏡下手術所見の検討
    日本不妊学会 2004.9

  • 子宮内膜症症例の妊娠成立因子に関する検討
    日本不妊学会 2003.10

  • マウス1細胞期胚におけるCl- channelの生理的役割
    哺乳動物卵子学会 2003.5

  • マウス1細胞期胚におけるCl- channelの性質と機能的意義
    日本受精着床学会 2002.10

  • マウス1細胞期胚におけるCl- channelの性質と機能的意義
    日本産科婦人科学会 2002.4

  • マウス初期胚におけるCl- channelの性質と役割
    哺乳動物卵子学会 2002.5

  • マウス受精卵に存在するCl-電流の性質
    日本産科婦人科学会 2001.4

  • マウスの初期受精卵に優位に存在するCl-電流の性質
    日本生理学会 2001.3

  • 体外受精妊娠症例の流産に影響を及ぼす諸因子の検討
    日本不妊学会 1998.11

  • 卵胞内への外因性ゴナドトロピン移行動態と卵巣機能に関する検討
    日本受精着床学会 1998.7

  • 不妊症患者における腹腔鏡直視下手術の検討
    日本内視鏡外科学会 1997.12

MORE ▼

医師 小柳 良子 プロフィール

医師 小柳 良子
医師 小柳 良子

<ごあいさつ>

  • 患者様一人一人丁寧な診察を心がけてまいります。
    一緒にがんばりましょう。

<資格>

  • 日本産科婦人科学会専門医

<略歴>

2001年 福岡大学医学部卒業
以後福岡大学病院 他、福岡県内の病院・クリニック勤務
2017年 4月から当院勤務

園田桃代ARTクリニック

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-5-3
千里朝日阪急ビル3F

★千里中央駅より徒歩3分

<診療時間>
10:00~13:00 15:00~18:00
<休診>
日・祝、火曜・木曜・土曜の午後

ページトップへ