1. TOP
  2. 治療・検査
  3. 男性外来

男性外来

当院では不妊治療を受ける男性の患者様に、泌尿器科での診察を行っています。
不妊原因の約半数は男性側にあると言われており、2019年、当院の男性不妊の割合は43.6%でした。
診察を受けることで、不妊治療をしている男性の約40%に疑いがあると言われている精索静脈瘤の有無や、腫瘍などの有無を確認することができます。
他にも乏精子症や精子無力症など原因は様々ですが、治療をすることで精子の状態がよくなることもあります。

不妊治療は女性が主体となりがちですが、ご夫婦ふたりの治療です。
幸せな未来のために二人三脚で歩んでいきましょう。

既婚男性ならどなたでも診察可能です。

男性外来の予約

診察内容

男性泌尿器科医師が診察します。看護師の同席はありません。

  • 問診

    既往歴、射精の問題の有無などを確認します。

  • 診察

    • 触診
      精巣や精巣上体、精子の通り道に問題がないかを調べます。

    • エコー
      精巣内部の血流を確認し精索静脈瘤の有無、腫瘍などの有無を確認します。

  • 血液検査

    精巣機能に異常はないか、感染症の有無、風しん・麻しん抗体を確認します。

  • 尿検査

    腎機能に問題がないかを確認します。
    クラミジア(性感染症)にかかっていないかを調べます。

  • ED薬の処方

    ED、排卵日EDでお悩みの方にお薬を処方させていただきます。
    ※当院で処方するED薬(シアリス 1錠2,000円、シルデナフィル 1錠1,200円)

勃起や射精に不安がある方、デリケートな悩みもお気軽にご相談ください。

無精子症

2回の精液検査を実施し、精子が認められなかった場合に無精子症と診断されます。
無精子症には閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症があります。
閉塞性無精子症の場合はそのまま精巣内精子採取術(TESE)をするか、非閉塞性無精子症の場合は以下の検査を実施した上で顕微鏡下精巣内精子採取術(micro-TESE)適応かを判断します。
手術で精子が獲得できれば、体外受精にすすみます。

血液染色体検査(必要時)

血液検査で染色体を調べます。
費用:33,000円

AZF検査(必要時)

Y染色体にある精子形成に関与する染色体を調べ手術適応か判断します。
費用:42,000円

  • ※上記の検査を受けることで、お子様を授かった場合に遺伝の可能性を知ることができます。
  • ※検査時は検査費用と再診料が必要です。

男性外来

<日時>

  • 第2土曜日 10:00~12:30
  • 第4土曜日 14:00~15:30

※学会出席等で診療日の変更がございます。

<診療費>

  • 初めてご来院の方 \31,650
  • 奥様と通院中の方 ¥11,980(男性外来の初診料込み)

男性外来の予約

大阪の不妊治療なら【園田桃代ARTクリニック】

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-5-3
千里朝日阪急ビル3F

診療時間 日・祝
10:00~13:00
(最終受付12:30)
-
15:00~18:00
(最終受付17:30)
- - - -
  • ◆通常診療+プログレス外来
  • ■通常診療+漢方外来
  • ※当院は予約制です。お電話もしくはネットにてご予約ください。
  • TEL
  • ネット予約
  • 桃クリブログ

友だち追加お知らせを定期的に配信します。緊急時の連絡手段としても利用します。

ページトップへ