ホーム治療・検査 > 不育症

不育症

不育症、習慣流産とは?

妊娠したけれども流産した。このような状況は、女性また夫婦にとっては、とてもつらく悲しい体験となります。ましてや、そのつらい体験である流産を繰り返すとなると、心のダメージは計り知れないほど大きなものとなります。

それでは、実際に妊娠した方のどのくらいの方が流産という結果になるのでしょうか?

全妊娠の約15%の頻度で流産はおこると言われています。
その原因の半分以上が赤ちゃん自身の染色体異常にあり、この染色体異常は偶発的に起こったことで、防ぎようがありません。

しかし、流産を2回繰り返す頻度は約1%(反復流産)、3回以上繰り返す頻度は約0.5%(習慣流産)とその数は減り、このような繰り返す流産には、赤ちゃんの染色体異常の他に何らかの原因が隠れていることがあります。
その原因を調べ、原因がみつかった場合には、それに対する治療が必要となります。

しかし、検査を行っても、40~60%の方は明らかな異常が認められず、投薬などの治療が不要なことも多くあります。しかし、検査をしないとわからないことであり、対処法がある場合は、今後のつらい体験を防ぐという意味で検査を受ける意味はあると思われます。

不育症検査と治療

内分泌検査

<項目>

  • 高温期のエストロゲン・プロゲステロン(黄体機能不全)
  • プロラクチン(高プロラクチン血症)
  • TSH・free T4(甲状腺機能異常)
  • 血糖値(糖尿病)

<検査方法>

  • 採血

<治療>

  • 投薬
  • 内科での治療

子宮の状態

<項目>

  • 奇形、子宮筋腫、子宮内膜ポリープの有無

<検査方法>

  • エコー
  • 子宮卵管造影検査
  • 子宮鏡
  • MRI

<治療>

  • 手術

自己免疫異常

<項目>

  • 抗核抗体
  • ループスアンチコアグラント
  • 抗リン脂質抗体
  • 抗PE抗体

<検査方法>

  • 採血

<治療>

  • 投薬

血液凝固異常

<項目>

  • PT,APTT
  • 第12因子
  • プロテインS

<検査方法>

  • 採血

<治療>

  • 投薬

染色体異常

<項目>

  • 夫婦の染色体検査

<検査方法>

  • 採血

<治療>

  • 遺伝カウンセリング

園田桃代ARTクリニック

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-5-3
千里朝日阪急ビル3F

★千里中央駅より徒歩3分

<診療時間>
10:00~13:00 15:00~18:00
<休診>
日・祝、火曜・木曜・土曜の午後

ページトップへ