1. TOP
  2. 治療・検査
  3. PFC-FD療法

PFC-FD療法

PFC-FD療法について

PFC-FD療法とは、患者さまご本人より採取した血液から、成長因子を抽出・濃縮したものを目的部位に投与し、自己組織の修復を促す方法です。 近年、不妊治療に限らず口腔外科や皮膚科などといった、さまざまな分野の治療に用いられており、その効果が期待されています。

PFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物フリーズ・ドライ)とは、患者さま自身の血液から、成長因子を高濃度に含んだ多血小板血漿(PRP)から成長因子のみを抽出・濾過して無細胞化し、さらに凍結乾燥したものです。

PDGF、TGF-β、VEGF、EGF、FGF、HGF、IGF-1などの成長因子は、生体内における細胞増殖や血管新生の促進を担っています。 これらを胚移植前に子宮内に注入することで子宮内膜を厚くさせ、着床環境の改善が期待できます。

治療経過等から、対象となる方に患者さまにご提案させて頂いております。

治療の流れ

患者さまから約50mlの採血をおこない、感染症検査を実施したうえで、PFC-FDを作製します。凍結融解胚移植スケジュール中に合計2回、作製しておいたPFC-FD溶液を子宮内に注入したのち、融解胚移植をおこないます。

大阪の不妊治療なら【園田桃代ARTクリニック】

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-5-3
千里朝日阪急ビル3F

診療時間 日・祝
10:00~13:00
(最終受付12:30)
-
15:00~18:00
(最終受付17:30)
- - - -

※当院は予約制です。お電話もしくはネットにてご予約ください。

  • TEL
  • ネット予約
  • 桃クリブログ

友だち追加お知らせを定期的に配信します。緊急時の連絡手段としても利用します。

ページトップへ