妊活中のコロナワクチン 精子への影響は?

こんにちは。培養室です。

妊活中のご夫婦にとって、
コロナワクチンの接種はご自身の体調への影響だけでなく、卵子や精子への影響も気にされる方もいらっしゃるのではないかと思います。

今回は、
mRNAワクチン接種による、精子の運動率や濃度への影響について調べた論文をご紹介させていただきます。

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2781360

2020年12月~2021年4月
アメリカ・マイアミの大学病院でワクチン接種を受けた18-50歳の男性45名を対象に、

ワクチン接種前と、
およそ70日後に精液検査をおこない、
精液量、精子濃度、運動率、総精子数を調べています。

ワクチンの種類は、21人がファイザー社、24人がモデルナ社製でした。

結果が下の表です。

液量、総精子濃度、運動率、総精子濃度のいずれの数値も
接種後に極端に数値が低下するようなことはなく、
接種前と同様、精液検査の基準値を満たしていました。

一般的に、
インフルエンザなどの発熱によって一時的に精子数が減少してしまい、
男性不妊の原因となることが知られています。

また、男性が新型コロナに感染すると、
精子数が減少してしまうという報告もあります(M Gacciら、2021)。

ワクチン接種による副反応でも、38℃以上の発熱がみられる場合がありますが、
今回の論文のデータからは、ワクチン接種が精液所見に悪影響を与える可能性は低いと考えられます。

そのため、妊活中であったとしても、
ワクチン接種による影響を過度に心配する必要はなく、
むしろ、妊娠前・妊娠中のパートナーの感染のリスクから遠ざけるためにも、
積極的なワクチン接種
をご検討いただけたらと思います。

また、妊娠中・妊活中の女性へのコロナワクチンの影響については、以前の院長のブログをご覧ください。
院長によるワクチン接種についてのセミナーも、現在動画で公開させて頂いております。

当院ではワクチン接種を実施しておりますので、
ワクチン接種に関して何か不安なことがありましたら、来院時にスタッフにお尋ねください。